PoE(Power over Ethernet)とは

PoE(Power over Ethernet)とは

PoE(Power over Ethernet)は簡単に言えば、LANケーブルの中にデータだけでなく電力も通して、ケーブル1本でカメラに必要な全てのケーブル配線をまかなう方式の事です。
通常は、映像等のデータを送るために接続するLANケーブルとは別に、電源をACアダプタなどを使って近くのコンセント口から供給しているために、近くにコンセント口が必要だったり、2つのケーブルによってカメラの配線がゴチャっとしてしまいます。

PoEを利用すれば、LANケーブルとカメラを接続するだけでカメラに必要な全ての接続がまかなえますので、スッキリとした配線となり、コンセント口を別途用意する必要が無くなります。

用語解説 PoE 1【 PoEが使われていない環境 】

 

用語解説 PoE 2【 PoEを利用した環境 】

PoE環境の構築には、LANケーブルを分岐するために用いられる機材「ハブ」を、対応するものにする場合や、通常のLAN配線の途中でPoE化する 「給電アダプタ」を取り付ける場合があります。複数台のカメラを一括してPoE化する場合にはハブを、1台のみの場合には給電アダプタを利用するのが良い でしょう。